ピコニーモワンピースA/手作りキット/説明補足

ピコニーモワンピースA/手作りキット/説明補足

この記事は、キットの作り方の補助説明です

説明書で書ききれなかった、細かな工程を紹介していきます。
初心者さんは作り始める前に、こちらの記事を読むことをお勧めします。

縫う場所と同じ色の糸で縫います。
手縫いでは、ミシンと比べて時間がかかります。
それぞれの工程を丁寧に進めるように心がけると、完成度が高くなります。

それでは制作スタート!!

①型紙を出来上がり線で切る

型紙を出来上がり線で切ります。
同じ型紙で数枚作りたい場合は、厚紙に貼ってから切ると便利です。

②型紙を布に写す

チャコペンはアイロンで消えるタイプがお勧めです。
※フィリクションペンを使用しています。

左右対象にして1枚づつ。
☆印も書き込んでおきましょう。


縫いしろの分(0.7~1cm)大きく切るので、布の端ギリギリや、隣の線に近すぎてはダメ。
余白を忘れずに。
心配な場合は布を半分に切ってから型紙を中央に写しましょう。


部分、角は線をクロスさせて書き写します。

フリルの布は直接定規で書いていきます。

端から1cmくらいの所に線を引きます。


布を半分に折って、中心部分に折り目をつけます。


折り目の位置に印をつけたら、
6cm、7cmの位置に印をつける。


1.5cmの高さをとって、線を引く。

【ワンポイント】 チャコペンについて

チョークタイプ、アイロンで消えるタイプ、水で消えるタイプなど色々ありますが、
時間がたつと自然に消えるタイプはお勧めしません。
手が汗ばんでいたり、湿度が高い季節だとすぐに消えてしまいます。
私はフリクションペンをお勧めしています。
一番安価で手に入りやすい品です。(文具店で100円くらい)
最後はアイロンやドライヤーで消すことが出来ます。

③布を切る


縫い代を入れて大きく切ります。
型紙の☆印部分のみ1cm、他は全部0.7cmです。
フリルの布も縫い代をとって切ります。

【ミシン】慣れてない場合は縫い代を広めにとって、縫ってから切り落とす。
【手縫い】寸法通りに、先に切ってしまいましょう。

【ワンポイント】 ほつれ止めについて

「ピケ」「ほつれストップ液」といった商品名で売られています。
塗った所がパリッと固まってほつれずらくなります。

塗ってから乾くまでの間が、一番ほつれてきます。
乾くまで触らないようにしましょう。
水で薄めた木工用ボンドで代用できますが、無い場合は使わなくても大丈夫です。
※今回の見本づくりでは使っていません。

④そでぐりを縫う


切り込みは、線の位置ピッタリまで入れます。


ボンドで貼ります。
※裁ほう上手(スティック使用)

【ワンポイント】ボンドについて
今回はこの2種類を使用しています。


裁ほう上手(チューブ) 透明・ゲル状 350円くらい(大容量だと700円くらい)
※マジックテープを貼る工程のみで使用しています。木工用ボンドで代用可。


裁ほう上手(スティック) 不透明・固形 350円くらい
※縫い代を貼る工程で使用しています。木工用ボンドでも代用できますが布が固くなります。


端から2mmぐらいのところを縫う。

【ミシン】表を上にして。右側に縁がくる向き。
ギャザーステッチ以外の全て、始めと終わりは必ず返し縫をします。(忘れずに)
【手縫い】表を見ながら。縫う辺を上に。右から左へ向かって縫う。(左ききは逆)

 
左右の袖ぐりが縫い終わったところ。

【ワンポイント】針と縫い糸について

今後も何かしら作るのでしたら、こちらの購入をお勧めします。

ぬい針
クロバー株式会社 薄地用 メリケン針9号 (400円くらい)
細くて刺した時に抵抗がなく、使いやすい。ビーズの穴にも通る。

手縫い糸
横田株式会社 キルト糸 デュアルデューティーART260 白、黒などの基本色 (各400円くらい)
パッチワーク用の糸です。丈夫で切れにくい。張りがあって針穴に通しやすい。

⑤後ろ中心を縫う

【手縫い】縫い糸を切ってしまう恐れがあるので、先に襟ぐりの切り込みを入れておきましょう。
【ミシン】ミシンの場合は、切り込みは先でも後でも大丈夫です。



中表に合わせます。

↑この向きで置く。


左を裏返して、


右の上に乗せます。これで中表。
☆じゃない方を縫います。


まち針は角を合わせてから、間に追加で刺すとずれにくいです。


後ろ中心を縫い終わったところ。


縫い代を開きます。

⑥襟ぐりを縫う


縫い代の角を切り落としておくと、厚みが無くなって少しだけ縫いやすくなります。
(切らなくてもOKです)


袖ぐりと同じように、縫い代を貼ってから縫います。
※裁ほう上手スティックを使用しました。

⑦レースを仮縫いする


裏の出来上がり線の位置に、レースを合わせます。


後でほどくので、ざっくり縫う。

⑧脇を縫う


肩を折って、脇を縫います。


縫い代で線が隠れてしまったので、上から書き足します。

【手縫い】着せ替え時に一番引っ張られる場所です。矢印の部分だけ返し縫をします。
【ミシン】始まりと終わりはいつでも返し縫いだよ。忘れずに。


左右の脇を縫ったら、縫い代を開きます。

⑨フリルのパーツを作る

フリルの裾を縫います。


まち針で止めてもいいのですが、めんどくさいので貼っちゃいます。
※裁ほう上手スティックを使用しました。


一番距離が長い場所です。手縫いの人は頑張って!


裾が縫い終わりました。

次にギャザーステッチを縫います。

ギャザーステッチは2本。
目立つ色の糸を使いましょう。大きな針目で、出来上がり線の上下(2~3mmのところ)を縫う。
糸の両端を10cmくらい残しておく

【ミシン】ここだけ返し縫いはしない。3~4mmくらいの目幅でざっくりぬう。
【手縫い】スタート時に玉結びはしない。4mmくらいの目幅でざっくりぬう。
端に行ったらUターンして戻ってくる。上下の縫い幅は合わせなくてOK。


【ワンポイント】ギャザーステッチについて

2本も縫うのは大変だと思うかもしれないけど…
1本だと、まち針を刺す時に布が浮いて時間がかかる。
縫う時に失敗する確率が上がる。結局大変な事になってキレイじゃない。
なので、ギャザーステッチは2本です。

⑩本体とフリルを合わせる

中表に合わせます。


後ろ中心をとめて、前と脇の印を合わせます。


(糸が切れないようにゆっくり)
ギャザーステッチの糸を2本同時に引いて、全体をシワシワにする。

【ミシン】上糸のみを引きます。


本体のシワを伸ばして広げます。


ギャザーがかたよっています。



まち針の間のシワを均一にしてから、2本くらい足して止めます。


全部のギャザーを均一にして止めます。


本体側の出来上がり線を見ながら縫い合わせます。

【手縫い】この部分だけ「半返し縫い」をします。


ギャザーステッチの糸を抜き、縫い代を上に倒します。

ギャザーステッチの糸に、縫い合わせるときの針が刺さっていると
引き抜けないことがあります。その時は糸を切って、抜き取ってください。
※縫い合わせの糸を切らないように注意してください。


フリルが縫い終わったところ。

⑪裾のリボンを縫い付ける

リボンを19cmに切ります。残りは胸のリボン飾りに使います。

本体とフリルの境い目にリボンをあてて、待ち針で止めます。



待ち針は裏から刺して、ズボンのベルト通しみたいにしておきましょう。
リボンには刺さっておらず、左右にスライドできるようになってます。
リボンがつっ張らずにキレイに縫い付けることができます。



【ミ
シン】黒糸でリボンの中央を縫います。
狭い範囲を縫うので、ミシンに慣れてない場合は手縫いをお勧めします。
【手縫い】リボンが動かなければOKなので、5~6mmくらいの間隔で点々と縫う。
あまり縫い糸が見えないようにする。


リボンを縫い付け終わったところ。

⑫前中心を縫う


レースの上端を裏に折って、☆印の縫い代を裏に折ります。


反対側も縫い代を裏に折ります。
あまりギリギリ端ではなく、4mmくらい内側を縫います。


レースのしつけ糸を外します。

⑬胸のリボン飾りを縫い付ける

残ってるリボンを蝶々結びにして形を整えます。
結び目の左右2ヶ所に針が刺されば、ほどけなくなります。

糸は切らずに続けてビーズを縫い付けます。
ここではビーズの穴に通る、細い針を使って下さい。


蝶々結びが上手く結べない場合は…
まち針を刺してループを作ります。



続けてループの中央に刺してリボンの形にします。
縫い糸で中心を刺して形が崩れないようにしたら、
待ち針を抜いて、2回くらいグルグルと巻き、中心を絞ります。


そのまま本体に縫い付けてしまいましょう。
端は好みの長さに切ります。


サテンリボンは端の糸を引っ張ってしまうと、一気にほつれてしまいます。
胸のリボン、裾のリボンの端は、ほつれ止めやボンドで固めておきましょう。

⑭ビーズをつける

レースの模様を目安にして、等間隔にビーズを縫い付けます。

リボンのすぐ下から付けはじめます。
レースの柄の位置により、ビーズのスタート位置が異なってきます。
どちらかのパターンで付けましょう。


全部で5~6粒になります。

⑮マジックテープをつける

マジックテープを3.5cm×0.8cmの大きさに切ります。
シールタイプのマジックテープですが、粘着力が弱いので、ボンドで貼り付けます。
角を合わせて貼りましょう。


何もない方の表に「フワフワ」
リボンある方の裏に「ザラザラ」

「裁ほう上手・チューブ」を使いました。
普通の木工用ボンドでも試しましたが、大丈夫でした。

完全に乾くまで触らないようにしましょう。

⑯印を消して出来上がり




フリクションペンは、アイロンやドライヤーの熱で消えます。

お疲れさまでした! 完成です♪